「ボディセンスを使ってみたいんだけど、どんな成分が入っているんだろう?」「これ、安全なのかな?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

肌荒れや健康トラブル。これはとても気になるところですよね。

 

そして、私はボディセンスの成分や安全性について徹底的にリサーチをしてきました。

 

今回は、リサーチ結果を踏まえ、3つのポイントにまとめましたので、ご紹介させていただきます。

 

ボディセンスの全成分

まずは、ボディセンスに使われている全ての成分を確認してみましょう。

 

メーカーがどんなに「安全です!」と言っても、危ない成分が入っていることも、、、。しっかり確認していきましょう。

 

・コレウスホルスコリ根エキス
・チャ葉エキス
・プロパンジオール
・ラノリン
・ミツロウ
・ワセリン
・ミネラルオイル
・セレシン
・マイクロクリスタリンワックス
・エチルヘキサン酸セチル(ペヘン酸/エイコサンニ酸)グリセリン
・トリイソステアリン酸PEG-20
・香料

 

上記がボディセンスの全成分です。難しい名前の成分ばかりですね、笑。

 

では、この中で危険なものはあるのか?その辺りもリサーチしてきましたので、紹介させていただきます。

 

ボディセンスの成分で危険なものはない?

上記でご紹介した成分を全て調べ、危険な成分がないかをリサーチしたのですが、、、「どの成分も問題はなさそう」、という結果が出ました。

 

現在のネット社会では、悪評がすぐに広まる傾向にありますが、どの成分をリサーチしても悪い評判はほとんどありませんでした。

 

ほとんどの製品が現状の化粧品に使われているものばかりですので、取り立てて危険な成分はないと考えられます。

 

参考までに、いくつかの成分がどの化粧品に入っているかをお伝えしておきますね(^_^)

 

 

・エチルヘキサン酸セチル(ペヘン酸/エイコサンニ酸)グリセリン
乳液や化粧水によく使われている

 

 

・トリイソステアリン酸PEG-20
クレンジングに使われている

 

 

・コレウスホルスコリ根エキス
頭皮ケアの商品に使われている

 

 

上記となります。

 

ここまで読んで、ボディセンスの成分、安全性を理解できたと思いますが、ではいったいこの成分からどんな効果があると期待できるのでしょうか?

 

その辺りもリサーチしましたので、ご紹介させていただきます。

 

ボディセンスの成分からわかる期待できる効果とは?

ボディセンスの大きな特徴と言えば「センスフィール」というモテフェロモンを増幅させる成分。そして、この成分は「コレウスホルスコリ根エキス、チャ葉エキス、プロパンジオール」の3つを配合して作られています。

 

この3つの成分を徹底リサーチし、これらの成分から期待できる効果をリサーチしてきます。

 

 

・コレウスホルスコリ根エキス
こちらの成分は、頭皮ケアの商品によく使わており、男性的な魅力を増すような特徴があります。しっかり生えた髪の毛。こういったところから男性的な魅力が溢れ出るのかもしれませんね。

 

 

・チャ葉エキス
皮膚の老化スピードを低下させる、肌のトラブルを改善する、美しい肌を保つ、このような抗酸化作用があると言われています。また、ミネラルやビタミンも多く含んでいるので、健康的な肌をサポートしてくれます。

 

 

・プロパンジオール
トウモロコシなどの植物デンプンに含まれている糖を発酵さて作られる多価アルコール。男性ホルモンを増幅させる特徴があります。

 

 

上記3つの成分が「センスフィール」を形成しており、どの成分もモテるためには必須な要素な気がします。

 

健康的な肌、健康的な頭皮、男性的な魅力が増す男性ホルモン、これらを独自ブレンドしてものがセンスフィールですので、成分を見ただけでもモテそうな気がしてきますね。